物理環境化学研究室
TOPメンバー研究内容研究業績出来事お知らせ動画集English

教員、研究員スタッフ

教授    中田 聡 (e-mail: nakatas□hiroshima-u.ac.jp, tel. 082-424-7409

生命現象で見られる神経細胞の興奮と情報伝播、リズムやパターンを作り出す現象などの仕組みを、無生物系のモデル実験系を用いて再現し、その本質を解明する研究をしています。あたかもアメンボウのような動きを見せる無生物系、興奮しながらにおいを感じるセンサ、光で制御される模様など、化学反応系を用いた実験をしています。

中田聡のページはここをクリック

准教授  藤原好恒  (e-mail: fuji0710□hiroshima-u.ac.jp, tel. 082-424-7410

助教    藤原昌夫 (e-mail: fujiwara□hiroshima-u.ac.jp, tel. 082-424-7411

 

研究室院生・学生と研究テーマ

D2

針田 光 「菌成長に対する光と磁場の影響」

M2

春日 雅裕 「強磁場重力制御環境が麹菌の生長と代謝産物に及ぼす影響」

萱原 克彦 「物理化学条件に特異的に応答する自己駆動体の開発」

郡島 遥 「非平衡下における自己駆動体の非線形現象の研究」

野村 美生 「化学物質に対するリン脂質膜の特異的応答」

M1

入江 康崇 pHや光に応答する自己駆動体」

久世 雅和 「化学振動反応を用いた時空間発展現象に関する研究」

本常 友章 「DNA分子の磁気配向」

矢野 晃生 「強磁場微小重力環境における麹菌の糖化力向上のメカニズム -菌株と培養条件-

B4

高須 貫太 「光と磁場による麹菌の生長と糖化力の制御機構」

那須 香子 「自己駆動系の分子デザイン」

中山 太郎 「カーボンナノチューブの磁気配向」

共同研究、プロジェクト

・ 「非線形性の高い自己駆動系による時空間パターン形成」、科学研究費基盤研究C(17K05835)、中田聡(代表)

 「リン脂質分子膜に及ぼすポリオールなどの作用の研究」、資生堂との共同研究、中田聡(代表)

・「非線形性に基づいた自律性と応答性の高いアクティブマターの構築」、平成29年度 物質・デバイス領域共同研究拠点研究課題(展開研究20173006)」、中田聡(代表)

・「非線形科学に立脚した充放電システムの評価と最適化」、平成29年度 中国電力技術研究財団、中田聡(代表)

・「食の安全を判断する化学センサーの開発」、平成29年度 サタケ技術振興財団、中田聡(代表)

 「自己組織化としての皮膚バリア機能の数理的解析」、JST CREST、長山雅晴(代表、金沢大理)、傳田光洋(資生堂)、中田聡、北畑裕之(千葉大)

このサイトについて広島大学